ダイヤモンドの国際基準の4C

美しいダイヤモンドの指輪などのアクセサリーの輝きは、昔から多くの人を魅了してきました。今でもダイヤモンドは、価値のあるものとして世界中で人気があるといってよいでしょう。

宝飾用のダイヤモンドは、きれいなものほど高く評価されています。そのダイヤモンドの輝きを評価するものとして国際基準があります。

この基準は、ダイヤモンドについて、color(カラー)のc、clarity(透明度)のc、carat(カラット)のc、cut(研磨)のcの4つの頭文字をとって、品質を評価しています。

具体的に4 Cとは、宝飾用ダイヤモンドの輝きを評価するためのもので、ダイヤモンドの色については、DからZまで23段階で透明度の高い順から評価します。

また、宝飾用のダイヤモンドの評価のうち、透明度については内容物や傷などから11段階で評価します。カットについては、プロポーションと仕上げから「EXCELLENT(EX)」、「VERY GOOD(VG)」、「GOOD(G)、「FAIR(F)」、「POOR(P)」の5段階で評価します。

さらに、宝飾用ダイヤモンドの輝きの特徴として石の重さ、カラットも重要です。このように魅力あるきれいなダイヤモンドは、4Cの基準によって評価されています。グレードが高いほど、よいダイヤモンドとして価格も効果になります。

Leave a Reply