2月 12 2013

婚約指輪を選ぶなら【BRILLIANCE】がおすすめだ

婚約指輪をお探しですか?
婚約指輪には、誕生石がダイヤモンドが使われています。

ダイヤモンドは長く使える宝石としても人気が高く、婚約指輪に選ぶカップルも多くいます。

そんな、ダイヤモンドの品質を表すため、「4C」という言葉があります。
カラット(大きさ)、カット(輝き)、カラー(色)、クラリティ(透明度)です。

大きく、輝きがあり、透明無色な物ほど、高価になります。

そんなダイヤモンドをあしらった、婚約指輪を選ぶなら、婚約指輪の【BRILLIANCE】をおすすめします。

【BRILLIANCE】では、様々なデザインのダイヤモンドリングが、お手頃価格で販売されています。
リングは全て国内生産品。日本の熟練した技術者が作った物です。

なのに低価格で提供されているのは、直接購入、ネット販売により、流通・販売コストを下げているからです。
宝石の流通に多い中間マージンを省き、宝石店にはつきものの、雰囲気を盛り上げる豪華な内装費用をかけないため、その分費用を下げられるのです。

ですから、他店と比べても、同じ価格でより大きなダイヤモンドリングを選ぶことができるのです。
ダイヤモンドを選ぶ時の「4C」について、より賢く選ぶ方法

そんな、【BRILLIANCE】の婚約指輪は、 → ◆ こちらのサイト ◆ です。

こちらでは、ダイヤモンドを選ぶ時の「4C」について、より賢く選ぶ方法も紹介されています。
ぜひ、参考にしてください。



2月 3 2013

ダイヤモンドの国際基準の4C

美しいダイヤモンドの指輪などのアクセサリーの輝きは、昔から多くの人を魅了してきました。今でもダイヤモンドは、価値のあるものとして世界中で人気があるといってよいでしょう。

宝飾用のダイヤモンドは、きれいなものほど高く評価されています。そのダイヤモンドの輝きを評価するものとして国際基準があります。

この基準は、ダイヤモンドについて、color(カラー)のc、clarity(透明度)のc、carat(カラット)のc、cut(研磨)のcの4つの頭文字をとって、品質を評価しています。

具体的に4 Cとは、宝飾用ダイヤモンドの輝きを評価するためのもので、ダイヤモンドの色については、DからZまで23段階で透明度の高い順から評価します。

また、宝飾用のダイヤモンドの評価のうち、透明度については内容物や傷などから11段階で評価します。カットについては、プロポーションと仕上げから「EXCELLENT(EX)」、「VERY GOOD(VG)」、「GOOD(G)、「FAIR(F)」、「POOR(P)」の5段階で評価します。

さらに、宝飾用ダイヤモンドの輝きの特徴として石の重さ、カラットも重要です。このように魅力あるきれいなダイヤモンドは、4Cの基準によって評価されています。グレードが高いほど、よいダイヤモンドとして価格も効果になります。